ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.03.12 Tuesday

もう一つの春と写真集。そして「いなべ花梅園」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い付きでいなべの花梅園へ行ってまいりました。

 

さすがに広大な園と、梅の木の数には驚かされました。風景としてはとてもきれいで感動ものです。

 

 

一番興味を持ってみてきたかったのは、剪定でした。

 

枝垂れ梅が多いので勉強になりましたが、ほとんどのしだれ梅がまだ若い感じで勢いがよく、

 

花芽もよく付いていてきれいでした。

 

 

ただ飛龍梅とは異なる仕立て方で傘仕立て?なので、趣が全くと言ってよいほど異なっていました。

 

剪定の仕方も異なるようで、近くで見てみると細かく枝分かれして、一本一本が長くはありません。

 

 

ここの園で一番の古木のしだれ梅も、

 

 

立派な木なのですが、枯れ枝も目立ってかわいそうなくらいでした。

 

ちなみに飛龍梅はこんな感じなので、その違いはよくわかると思います。

 

仕立て方の違いです。

 

 

また白のしだれもこんな感じです。

 

 

所員の方に聞いてみると、剪定の時期も異なるようで、11月に行われるのだそうです。

 

今のままの状態で放っておいて、枝を整理する程度らしいのです。

 

光受寺は3月いっぱいには、枝をすべて落とし、新芽が吹きを待つのです。

 

一発勝負の賭けみたいで、剪定にすべてをかける事から、気持ちの上でしんどいです。

 

 

確かに芽が出て、枝が伸びた後に剪定したほうが確実なのですが、

 

一枝一枝が伸びが短くて枝が込み合い、私の感覚には合いませんでした。

 

やはりここの梅は、景色としてみる梅だと思いました。

 

2019.03.11 Monday

静かな一日でした。

すべての催しものが終了し、本日は静かな一日でしたが、

 

それでも例年ですとまだこれからが見ごろとなることから、

 

観梅に訪れる人は後を絶ちませんでした。

 

石庭の白も散り始めました。

 

すっかり花を落とした早咲きの梅は剪定に入っておりますが、まだこれからが見ごろの

 

梅もあり、まだ2〜3日は花を楽しむことができるかもしれません。

 

今月下旬には選定は終わります。

 

 

色とりどりに別世界を演出。。3月3日。

 

         「飛龍梅」満開時(雨で散り始め)

 

それにしても「飛龍梅」は例年にも増して注目を集めた年となりました。

 

「大垣さくら」さんから始まり、毎日新聞、朝日新聞、岐阜新聞、中日新聞、FMラジオ、投稿写真による

 

NHK、大垣市ブログ(楽天ブログ)など多くの報道がなされ大変ありがたい一年でした。

 

 

 

 

2019.03.10 Sunday

多くの人に愛でられた2週間でした。

この二週間は雨の日はわずか2日間。

 

それも小雨程度で、毎日多くの人に来ていただきました。

 

飛龍梅も春の役目を終えて、ほっとしたかのように花びらを

 

散らしました。

 

 

白梅はまだしばらく楽しめそうですが、この雨で一気に散りそうです。

 

 

楚々とした美しさが、魅力的です。

 

 

これぞTHE「思いのまま」の美しさです。

 

 

ひっそりと隠れるように咲いているので、見つけにくいかも。

(飛龍梅と同じ盆栽仕立ての古い木の花です。境内には2本あります。)

2019.03.09 Saturday

ライトアップ

最高の美をお見せいたしたかったのですが、ギリギリセーフの最終美といった

 

ところでした。

 

 

 

 

ややピンボケですが、月が撮れたので満足しています。

 

今日は学習会の日でもあり、時間は30分程度。

 

なかなか思ったような写真は撮れませんでした。年々多くの人が集まってくれて

 

私の一年の楽しみになっています。

 

 

今日からまた一年が始まります。

 

 

 

2019.03.08 Friday

今年は暖かすぎた。

咲き始めから一気に今日まで来てしまったような気がします。

 

中日新聞に本日掲載されましたが、申し訳ないような気分です。

 

散った花びらが吹きだまっています。

 

個人的には好きな様ですが、ふつうは好まれない情景です。

 

今咲きかけたのが、琳子梅です。

 

 

 

 

2019.03.07 Thursday

やっぱり花火は美しい。

真っ盛り。白。

 

 

 

枝の伸びはよくないのですが、独特の枝ぶりです。

 

昨日も紹介いたしましたが、白い花火のようです。

 

 

アップ写真をとっていく方も多いのですが、アップ写真なら鉢植えの梅でも同じこと、

 

場所がわかるか、一目でその木の特徴が確認できる写真が欲しいですね。

 

ちょっと皮肉たらしいを言ってしまいましたが、梅の木の中にまで手を入れたり、頭を入れて撮られるのを

 

見ていると、花びらも蕾も落ちて心が痛むのです。

 

これから開こうとする蕾がいっぱい落ちています。

 

 

 

 

 

2019.03.06 Wednesday

白の美しい季節へと

いまさらながら思うのですが、『光受寺』っていう寺の名はける」ということですね。

 

もちろんこの「光」は仏様のお慈悲の事でしょうが、脚光を浴びるの意味にも思えてくるのです。

 

多くの人々が梅を通して、光受寺にご縁を結んでいただきありがたいことです。

 

自然を通して「優しさや」「厳しさや」「尊さ」などを感じていただき、自身の生きる力に

 

していただければ幸いです。

 

まだまだこれから様々な姿を梅たちが見せてくれます。楽しんでください。

 

 

飛龍梅は散り際の美しさへと。これからは白が際立つ季節。

 

石庭の白は例年より枝ぶりが悪いのですが、それでもやはり美しい。

 

 

色とりどりにそれぞれを引き立てて共存の美を演出しています。

 

白い花火。

 

 

「思いのまま」の咲き分けが何とも不思議な美を演出。

 

2019.03.05 Tuesday

待望のメジロの姿が

今まで一度も姿を見せなかった目白がやってきました。

 

あきらめかけていた突然のことで、うまく取れませんでしたが、

 

確かに姿はとらえました。2年ぶりぐらいなので感動。

 

 

2羽いるの分かりますか?

 

わずか一分程度のご滞在。それでもとてもうれしく思いました。

 

それにしても今日は良いお天気。山門をくぐるとあでやかな色彩に彩られた梅が目に飛び込んできます。

 

 

 

人出もものすごい人でした。大阪の情報誌で光受寺の情報を知り電車で駆け付けた方もいらっしゃいました。

 

 

一日で千人以上の人が山門をくぐっていただけたと思っています。

 

皆さんの笑顔が住職の力となっています。

 

 

さてライトアップは大失敗でした。

 

お天気の都合でライトアップをやってみましたが、最初の一枚を撮ったところで、

 

アクシデント発生。電池切れ?と思い込み充電、しかし実際はカードが容量がいっぱいだったとは。

 

気づいたらすっかり空は暗闇に。もう散々のライトアップでした。

 

 

 

 

 

2019.03.04 Monday

天候が悪かったのですが

悪天候にもかかわらず多くの人に来ていただきました。

 

FMラジオや新聞掲載されたということが大きな要因だったと思いますが、

 

それにしてもありがたいことでした。

 

朝日新聞にも3月3日に掲載されたということで、驚いています.

 

本当に多くのご縁をいただいてのことで、ありがたく思っています。

 

 

まだこれからというしだれ梅もあり、全体としてはまだまだ楽しめそうです。

 

 

大きな花びらの豊後が咲き始めました。優しい淡い色合いが美しいと思います。

 

 

一重のしだれ梅は少ないのですが、大事に育ててみたいと思います。

2019.03.03 Sunday

白い枝垂れが見ごろのなりました。

今日は岐阜新聞に載ったせいか、雨天ではありましたが昨日同様多くの人に

 

来寺していただきました。

 

岐阜版ですが、とっても素晴らしい写真です。

 

さすがプロです。レンズが違いますけどね。一度見てください。

 

 

 

飛龍梅のような整った枝ぶりではありませんが、色合いがきれいです。

 

 

思いのままが、可憐に花を咲かせました。

 

飛龍梅は完結しました。

 

これからは散りゆく美しさを味わいたいと思います。

 

9日のライトアップの前の晴天の夜に、簡易のライトアップをしてみようかと

 

考えています。

 

Powered by
30days Album