弥陀の信心をいただいていく歩みを、共に悩み、苦しみながらまた、大いに楽しみながら進めて行けたらと思っています。
 
花いっぱいに。
0

    境内が新緑と花であふれだしました。

    紫陽花も一気に葉を茂らせてきました。

     

    中でも牡丹は境内では一番の存在感がある花。

    今年も見事に咲きました。

     

     

    ただ不思議に思うことは昨年と比べると、花の大きさがずいぶんと

    小さくなったように思えるのです。

     

     

     

     

     

     

     

    まだまだいっぱい咲いています。

    そんな花たちを見ていると、

    『阿弥陀経』に青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光とあるように

    全ての花がそれぞれに美しく、いのちを輝かして生きていることを

    実感させられてきます。

     

    好きだの、嫌いだのの世界を超えた美しさがここにあるように

    おもえます。

     

    人間も同じように一人ひとりがかけがえのない存在なのです。

    【2017.04.25 Tuesday 22:45】 author : ゴンタ
    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    心うきうきと。
    0

      毎年この時期は、梅の芽吹きがどうなのか、心配でたまらない。

      特に飛龍梅はその美しさに大きく関係してくるからだ。

      桜のように、消毒さえしておけば毎年のようにきれいな花を

      咲かせてくれるわけではない。

       

      「桜切るばか、梅切らぬばか」とか言うが、しだれ梅は枝を

      長く伸ばすために、剪定の時期と切り方で大きくその美しさは

      変わってくるのだ。

       

      ただ人間が思うようには芽も出ないし、伸びもしない。

      今年は樹形としてはまずまずといったところだったが、

      枝の数が少なかったように思う。

       

      来年はどうなるのか全く分からないのだが、今のところ

      順調に芽吹き始めているように思える。

      いずれにしても、連休ごろにはおおよそ来年の樹形が

      見えてくる。

       

      さて、境内はあふれんばかりの緑となってきた。

      紫陽花の存在感は日ごとに膨れ上がってきている。

      様々な花も一斉に咲き始め、彩を添えている。

       

      チューリップも珍しい種類のものも多く育てているが、

      私の好きな一つ。

      牡丹もたくさんの花を付けてくれた。

      はちきれんばかりのこの蕾に、自然のものすごいエネルギーを

      感じてしまう。

       

      端午の節句もまもなくやってくる。

      聴風庵もちょっと模様替え。

       

      こいのぼりの吹き流しも飾りました。

      何となく心うきうきする一日でした。

      まだ飾りつけの途中。陶器のこいのぼり。(上段左)

                    右下はフクロウ。表情がなんともかわいい。

      【2017.04.21 Friday 20:03】 author : ゴンタ
      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      下野邸のしだれ桜を見てきました。
      0

        約500年ともいわれるしだれ桜。

        大垣市の景観遺産にも選ばれるほど、立派なしだれ桜です。

         

         

        旧家らしい趣のある建物や庭園としだれ桜がよく似合います。

        道路から長屋門を通してみる景観は絵になるのです。

         

         

        苔生した木肌のくぼみには一人生えのが咲いていました。

         

         

        とても上品な色合いに、500年生き抜いてきた「誇らしい強さ」と

        「優しさ」が感じられました。

         

        薄墨さくらや、醍醐寺のしだれ桜も感動した桜ですが、

        身近で鑑賞できるこの桜は、私の大のお気に入りです。

         

        今年も良いもの見た。んな満足感が、一日を豊かにしてくれました。

        (1日現在3〜4分咲き)

         

        4月3日7分咲き。

         

         

         

        【2017.04.01 Saturday 18:45】 author : ゴンタ
        | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        飛龍梅の剪定が終わりました。
        0

          飛龍梅の剪定を終えましたが、芽が出そうな丈夫な枝が少なかったことから

          芽吹きがあるかどうかとても心配です。

          年年に樹勢が衰えてきているようで、根本的に回復させる方法はないものかと

          思案しております。

           

          シデコブシが盛りです。

            ふんわりとした優しい紫が、春の空にはよく似合います。

           

           

           

           

          【2017.03.25 Saturday 19:33】 author : ゴンタ
          | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          命の循環
          0

            梅が散り始めました。

            剪定作業を急いで行っています。

            枝にはもう葉芽が付いています。

             

            それでも訪問客が一日に10〜15名ほどまだあります。

            今日は武生市からご夫婦でお越しいただきました。

            武生ではまだ雪が残っていて、梅の見頃もこれからとか。

             

            道の駅での情報からお越しいただいたみたいですが、

            お土産に蕾のついた枝がほしいということで、

            二枝ほど差し上げました。

             

            また三か月になる男の子を抱っこしたお母さんが

            来てくれました。

            かつて流産した時に当寺で供養した憶えがある人でした。

            「そうか、赤ちゃん生まれたんだ」

            「良かったね」

            住所も知らない人ですが、「梅のきれいなこの寺で」

            とのご縁で来てくれたようでした。

             

            今はとっても幸せそうに見えました。

            風の強い一日でしたが、あったかそうな毛布にくるんだ赤ちゃんに

            微笑み返しをしていました。

             

            きれいなままで散っていく花びらに彼女は会いに来たのかもしれません。

            流産したのもちょうどこのころだったかと思います。

             

            うれしい一日でした。

             

             

             

            【2017.03.22 Wednesday 20:35】 author : ゴンタ
            | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            今日は春の永代経をお勤めいたしました。
            0

              今日はとても穏やかな一日となりました。

              当寺では春の永代経をお勤めさせていただきました。

               

               

              若坊守が午後の法話をしてくれましたが、自ら望んで僧侶になった心構えが

              法話にもよく出ていたように思います。

               

              全くの未知の世界に飛び込んで、生き生きと話している姿を見ると

              義父となる私にとっても、この上のない喜びでした。

               

              社会福祉士として仕事をしながら、関わる多くの人たちから、学ばされている

              ことがとても多いようであります。

               

               

              飛龍梅も散り始めました。

              まだ多くの来寺者がありますが、明日から本格的に剪定に入りたい

              と思っています。

               

               

              私の好きな豊後は今が盛りのようですし、淋子梅も咲き始めで

              これからまだ少し梅の花と香りが楽しめそうです。

               

               

              【2017.03.20 Monday 21:51】 author : ゴンタ
              | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              悦。
              0

                やってまいりました。

                春の日差しを受けながら、完全な悦状態。

                 

                なぜか一羽のみ。

                一分ほどの滞在でした。

                 

                今日の一枚。

                 

                いつもの子と違うみたい。

                きれいすぎる色、どこか羽が白っぽい気がします。

                 

                 

                【2017.03.16 Thursday 10:49】 author : ゴンタ
                | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                余韻はまだまだ残っています。
                0

                  庫裏の二階に梅の香りが、流れてきます。

                  夕方、青空がきれいだったのでギャラリーの

                  明かりだけで飛龍梅を撮ってみました。

                   

                   

                  すこし色あせ、散りはじめといった感じですが、

                  とても優しい感じに咲いています。

                   

                   

                  この日は、うれしいことにメジロの訪問もありました。

                  ほんの数秒のことでしたが、とてもうれしい思いになりました。

                  命がけの訪問だったと思います。

                  目敏くヒヨドリがやってきて追い払ってしまいました。

                   

                  今年はたった4枚でしたが、かわいい写真が撮れました。

                  【2017.03.15 Wednesday 22:57】 author : ゴンタ
                  | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  この子にやられました。
                  0

                    今シーズンは、メジロが全く顔を見せませんでした。

                    最初の頃、2~3日は来ていたのですが、

                    それ以来このヒヨドリ君の縄張りには入れなかったようです。

                    しかしこの鳥なかなかの美しさです。

                     

                    さて今日は人でも少なく、団体さんを入れても150人ぐらいだった

                    ようです。

                    満開がお好きな方にとっては今が一番お薦めかも知れません。

                     

                    いつも同じアングルなのですが、花の色も簾になった枝の感じも、透けて見える

                    本堂も、境内全体が浄土の世界を表しているように思えてくるのです。

                     

                     

                     

                    雲の感じが美しくついシャッターを押しました。

                     

                    これからの課題は、散りゆく梅の花を効果的に撮る方法を考え出すことです。

                    がんばります。

                     

                    最後に白い打ち上げ花火です。

                     

                    【2017.03.13 Monday 18:53】 author : ゴンタ
                    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    つり雛めぐり最後の日。
                    0

                      この日に合わせたように梅も満開となりました。

                       

                       

                       

                       

                       

                      まだまだ見頃です。

                       

                       

                      20日までは剪定を控えます。

                       

                       

                      【2017.03.12 Sunday 18:58】 author : ゴンタ
                      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |