弥陀の信心をいただいていく歩みを、共に悩み、苦しみながらまた、大いに楽しみながら進めて行けたらと思っています。
 
秋季永代経が勤まる
0

    9月22日(秋分の日)。

    台風16号の接近が心配されていましたが、意外に早く

    通り過ぎていったようで、この日は雨模様ではあったものの

    穏やかな一日となりました。

    午前は私の法話、午後は落語家の笑福亭智丸さんの落語

    楽しみました。

     

    彼とのご縁はこの春の「光受寺しだれ梅観梅」の時の一枚の

    名刺からでした。

     

    彼は平成25年に笑福亭仁智師に入門し、今年4月に年季が明けた

    ばかりの上方落語界の屈指の有望株だと言われているそうです。

     

    2016年10月26日(水)には大阪「伝楽亭」において

    『伝新有楽』と題された特別講演を行うということです。

     

    小話から落語そして南京玉簾まで、多彩で見事な芸を

    披露してくれました。

     

    終始笑いの絶えない、想像をはるかに超えた彼の話芸には感服

    いたしました。若くてもきっちり落語家としての資質が備わっているなと、

    素人ながらに生意気にも感じられたことです。

    安っぽい笑いではなく、質がよく高尚さが光っていました。

    やはり、落語でした。

     

    この日は墨俣には春風亭昇太さんが一夜城築城450年での講演が

    あったことから、またお天気も雨模様であったことから参詣者が

    少なくなってしまうのではと心配されましたが、予想以上に多くの

    方に参詣していただくことができました。

     

    何よりも大満足を与えてくれた智丸さんに感謝です。

     

    彼はこれからきっと大きく成長するでしょうが、鈍行列車で大阪から

    大きな荷物を抱えてやってきた謙虚さを忘れないように、芸を

    磨いていってほしいと思いました。機会があれば、またいつか

    来ていただこうかと思っています。

     

    また鈍行列車で来てくれるかな〜。

    きっと新幹線になっているだろうな〜。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【2016.09.23 Friday 21:18】 author : ゴンタ
    | - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    お磨き
    0

      お彼岸を迎えるにあたって、有志の方々によって

      お磨きを行いました。

      私を含めて総勢7名であったが、みなさん雑談を

      交えながら、楽しく取り組んでくださいました。

       

      本来なら毎週金曜日はお茶を飲んで、座談をする

      日であるが、ある方からお磨きをしようという発案があって

      急遽こうなったのです。

       

      最近ではお磨きの手間を省くためか、仏具に金メッキを

      施し、お磨きをしないで済むように処置するのが、流行りの

      ようなのですが、磨く作業もお荘厳の大切な中身だと

      思っていますので、少々複雑な思いがあります。

       

      蝋燭も、お灯明も電気使用となり、線香も仏壇の外で炊く

      ようになっていますので、仏壇は汚れることも少なく、

      まるで大切な高級家具のように扱われています。

       

      物を大切に扱うことも大切なのですが、本来の仏壇の

      意味合いを見失わないようにしていただきたいと

      思っています。

       

       

       

      【2016.09.17 Saturday 13:37】 author : ゴンタ
      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      うろこ雲
      0

        ふと見上げた空にはうろこ雲。

         

         

        ああ、もうすっかり秋なんだ。

         

        そう思った。

         

        子供の頃はこの雲を見ると、雨が近いとか、地震が起きる

        かもしれないとか言ってはいたけれど、この雲の出る日は

        決まって心地の良い日だったことを思い出す。

         

        そうか、赤とんぼもススキも姿を現してから、もうだいぶ経つもんな。

        やっぱり秋なんだ。

         

         

         

         

         

        【2016.09.10 Saturday 14:07】 author : ゴンタ
        | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0

          まだまだ残暑は厳しいが、五感では秋を感じ取ることができる。

          日差しや、風や、匂いまでもが秋を感じさせてくれている。

           

          昨日の光受寺は、誰でも気軽に集える喫茶日。

          お茶を飲みながら、語り合う、ただそれだけのことなのだが、

          住職としては寺の本来の姿に立ち返りたいとの思いを持って

          試みをしていることだ。

           

          なかなか手ごたえとしてはいまだ感じらないところもあるが、

          何がどうであれ、住職としてのこの姿勢は貫いていきたい

          思っている。

           

          ところで今日は、うれしいことがあった。

          いつもお越しいただけるご門徒の方が、友人を誘ってきたと

          80代の男性と一緒にお越しいただけたことだ。

           

          脚がやや不自由な感じのする方ではあったが、本堂まで上がられ、

          手を合わせていただくことができた。お茶を飲みながら、

          ホームページを見ていただきながらの何気ない会話ばかり

          ではあったが、私にとっては至福のひと時であった。

           

          ご門徒さんが常日頃それとなく光受寺の活動に気にかけて

          くださっていることにも感謝している。

          おまけに今日は袋いっぱいの栗をいただいた。

           

           

          秋を感じるのはやはり木の実。

          栗はその代表格。立派な栗ですが、すべて畑での収穫という

          ことらしい。

          ありがたくいただきました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          【2016.09.03 Saturday 15:44】 author : ゴンタ
          | - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          ホームページのリニューアル
          0

            本日ホームページをリニューアルいたしました。

            スマホに対応できるよう改良したものです。

             

            と言っても、私自身は今だいわゆる旧式の携帯電話ですから

            情けないのですが、確かにスマホで便利になりました。

             

            もちろん私個人ではできませんので、プロの方にお願い

            をいたしました。

            当寺のホームページを手掛けてくださった方ですが、

            今日は内容についての確認や更新の方法を教えていただきました。

             

            教えていただいたときは、なるほどとできるのですが、

            時間を置くと、どこかでつまずいているようで、

            最後まで到達できません。

             

            慣れるまで時間がかかりそうですが、

            ボケ防止のためにも頑張ってみます。

             

            一応公開は致しておりますが、まだ私の仕事分担として一部

            出来上がっていないところもあって、焦ってはいるのですが、

            今月いっぱいはかかりそうです。

             

            ホームぺージのデザイン、使いやすさに機能美を備え、

            老人にもわかりやすくなったように思えます。

             

            制作デザイン・・・Sora 117 Design

             

            【2016.08.31 Wednesday 19:42】 author : ゴンタ
            | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            初物いただきました。
            0

              もう鉢植えをしてから、3年ほど経つイチジクの木に

              例年になく多くの実が付いた。

              高さ1メートルにも満たない木に成りすぎではと、数個の

              実を欠くほどだった。

               

              その後、順調に生育したが、途中一定の大きさになると

              ぴったりと生長が留まったように、大きさも色にも変化が

              見られなかった。

              やはりまだこれでも成りすぎか?と思っていたが、23日に

              一個だけが一気に大きくなっているのに気が付いた。

               

              それから2日目。色は悪いがはちきれんばかりにぱっくりと

              口を開けていた。

              今年の初物を見られたことに、喜びが込み上げてきた。

              あまりの生長の遅さに、そのまま朽ち果てるような気もしていたので

              喜びも一入。

               

              早速お仏壇にお供えし、妻と二人で仲良く半分ずつしていただきました。

              これだけ毎日暑い日が続いているのにも関わらず、季節を敏感に感知して

              生きる自然の力に畏敬の気持ちを抱きました。

               

              私はこのイチジクの酸味が好きなのですが、少々熟しすぎ甘みが

              強すぎました。

              今朝食べるのがベストだったかもしれない。

               

               

              【2016.08.26 Friday 20:25】 author : ゴンタ
              | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              水と花の癒しの庭園へ
              0

                このところの暑さ続きに、しっかりとバテてしまいました。

                癒される空間を求めて、草津市の「草津市立水生植物公園

                みずの森」へ行ってまいりました。

                 

                いる口付近の様子です。

                スイレンが大きな鉢で育てられています。

                 

                ここ「みずの森」はプロポーズにふさわしいロマンティックな

                スポットとして「恋人の聖地」とされているようです。

                確かに四季の花々に包まれたこの庭園は、その名にふさわしい

                ようにも思えました。

                 

                この時期はスイレン、ミズカンナ、ハス、ミズアオイなどが

                見ごろのようです。

                 

                花菖蒲の咲くころにもう一度来てみようかと思いました。

                どうしても作られた庭の感は否めませんが、ここら辺りは

                いい感じです。

                 

                またここでは、お茶や食事も楽しめるようで、

                ハスの葉を使った「ソフトクリーム」や「ハスうどん」も

                あるようです。

                 

                残念ながら「ラフォーレ琵琶湖」(ホテルの12階)でランチを

                食べた後だったので、ここでの飲食は楽しめませんでした。

                 

                蓮如上人ご旧跡の寺、「蓮生寺」真宗十派の中の木辺派の本山

                「錦織寺」へも参詣してきました。

                 

                【2016.08.24 Wednesday 20:37】 author : ゴンタ
                | - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                申し訳ないのですが、快適です。
                0

                  ここ一週間ばかりの暑さは尋常ではありません。

                  雨も降りそうで降らないこの地域はいったいどうなっている

                  のだろうと思われます。

                  各地で集中豪雨の被害が出ているにもかかわらず、

                  雷が鳴っても雨は降りません。

                   

                  地面はカラカラの状態で、農作物の被害もそろそろ出てきそう

                  な気配が感じられます。

                  熱中症も心配させられます。

                  道路工事の作業をしている人たちや、農作業、建築作業をしている

                  人たちも過酷な状況での作業が続きそうで、本当にご苦労なことだと

                  頭が下がります。

                   

                  私はそんな人たちのご苦労を思いながら、もったいなくも

                  毎日快適に過ごさせていただいております。

                  寺役を済ませた後の時間は、ほとんど本堂で過ごしております。

                  本を読んだり、テレビを観たり、新聞を作ったり、時々昼寝を

                  したりで、とってもゆったりとした時間の中で過ごしています。

                   

                  本堂は門前の道路より、建て位置が2メーター以上高く、天井も

                  高いので、開放すれば涼しい風が吹き込んできます。

                  庫裏も開け放てばそれなりに涼しいのですが、それでも確実に

                  4〜5度違うようにも思えます。(オーバーか?な)

                  扇風機は全く必要ありませんが、北の窓側から風を入れれば

                  手が冷えて痛みを感ずるほどです。

                   

                  今日も快適に一日を送っています。

                  あまりに暑い日なので、今日の光受寺喫茶は聴風庵から本堂へ

                  移動です。

                  みんなで昼寝もいいかも!

                   

                  続き

                    2時ごろに50代後半の女性が来られました。

                    仕事の合間に来てくださったようでしたが、

                    40分ほど雑談をいたしました。

                   

                    「お姑さんについ怒鳴ってしまいました。

                    相手の気持ちも分かってはいたのですが、つい自分の

                    都合で・・・」

                   

                    どこか情けなさそうにお話しくださいました。

                    

                    理屈の上では互いの立場を考えれば、どちらが正しいとか、

                    正しくないとかいう問題ではなさそうに思えました。

                   

                    理性では応えられない問題を抱えながら、この暑い日に

                    わざわざ寺へと足を運んでくださったことに、南無阿弥陀仏

                    のおはたらきを感じることができました。

                   

                    最後はなんということもなく阿弥陀さんに手を合わせ、

                    笑顔を残して、仕事に戻られました。

                   

                    

                   

                    

                   

                    

                   

                    

                   

                    

                   

                    

                   

                   

                   

                   

                  【2016.08.05 Friday 13:09】 author : ゴンタ
                  | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  気ままな旅で。
                  0

                    昨日、急に思い立って三方五湖へ出かけた。

                    朝9時半に出発して11時半には九々湖の三方五湖

                    レークセンターに到着。

                    この日の暑さと、快晴が遊覧へと誘う。

                    日向湖を除いて4湖を巡る。(約40分、1,240円)

                    途中の浦見川(人口水路、350年前)は美しい。

                    日向湖(海水)、水月湖と九々湖、菅湖は汽水湖(上層は淡水で、

                    下層は汽水。水月湖の湖底には世界的にも珍しい年縞があるのだそうです。)

                    三方湖は淡水でウナギ漁が盛んに行われているということです。

                    (地元の天然ウナギ美味いそうですよ。私は食べ損ないました。次回こそ!)

                     

                    次に向かったのが、若狭鯖街道、熊川宿。

                    通りの家々の雰囲気が統一されていて、町の人たちの心意気が

                    感じられました。

                    途中に立ち寄った喫茶店&ギャラリー。

                    蔵を改装したみたいです。

                    コーヒーとチーズケーキいただきました。

                    コーヒーは私にはややぬるめでしたが、うまいコーヒーでした。

                    妻も「お代わりしたいぐらいですね」と言っていました。

                    近くには二ケ寺のお寺さんがありいずれも由緒のあるお寺さん。

                     

                    ドキッとした標語。・・・その通りです。

                     

                    この近くにはほかにも多くのお寺さんがあるということで、

                    早速、ナビ頼りで車を走らせました。

                     

                    何宗なのか表示が無くて分かりませんでしたが、札所になっている

                    見たいでした。善光寺と同じような感じかも知れません。

                    名水百選に選ばれている「瓜割の水」、「瓜割の滝」が有名らしく

                    観光帰りに水を汲んでいる人も多く目につきました。

                     

                    次は真言宗の明通寺。

                    ここは国宝、国重文が多い寺。

                    本堂、三重塔(国宝)であり、

                    仏像はほとんどが国重文で由緒ある寺です。

                     

                     

                    風格ある山門。

                    両堂檜皮葺。

                    30年に一度の吹き替えに掛かる費用は、2億5千万円とか。

                    光受寺なら新築できそう〜〜。

                     

                    入場料は500円僧侶が私たち二人のために丁寧に

                    説明をしてくれました。

                     

                    行き当たり的な旅でしたが、とっても有意義な旅でした。

                    話し続ける妻のおかげで、眠たくもなりませんでした。

                     

                    ありがたい一日に、感謝です?

                     

                    【2016.08.01 Monday 08:00】 author : ゴンタ
                    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    夏はやっぱりこれです。
                    0

                      あまりの暑さには、ひんやりとそうめん。

                      頭に思い浮かべるだけでも涼となる。

                       

                      ちょうどミョウガも旬の時期となり、境内で収穫。

                       

                      調理を始めれば、およそ10分ほど。

                      あっという間の出来上がり。

                       

                       

                      ミョウガとねぎを刻み、しょうがを添える。

                      あとは氷をドバっと入れて、小気味よくすすって

                      食す。

                       

                      シンプル料理の定番。うまいもんです。

                       

                      麺は固めに茹でて、即刻食べる。

                      これを怠ってはいけません。時間との真剣勝負です。

                      間違っても、ぐもぐかみ砕いて食べてはいけないのです。

                       

                      一気に飲み込むように食すのです。

                      消化はゆっくり胃袋ですればよいのです。

                       

                      ただし、体にはけっして良くないことは事実です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      【2016.07.28 Thursday 20:02】 author : ゴンタ
                      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |