ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.03.25 Wednesday

下野邸の桜 その2 と 揖斐の花桃

少し開花は進んだようです。

 

 

今度の土日が見ごろか。雨が心配ですが・・・。

 

 

4~500を生き抜いてきたしだれ桜。

 

揖斐の花桃は一週間ほど早い感じです。(すっかり空洞になっています)

 

 

現在の木は2代目か?

 

3代目も大きく立派になっている。さらに中央の二股に分かれた木が4代目になる木だとか

 

奥さんが嫁いできたときに育ち始めていたという。50年以上の木である。

 

 

 

 

 

 

毎年ここには白いタンポポが咲きます。土筆とのコラボです。

 

2020.03.23 Monday

下野邸の桜 その

毎年必ず見たくなる下野邸のしだれ桜。

 

 

今年は花芽が少なくてと、奥様。

 

いやいや何がどうあれ自然の姿は美しいものだ。

 

 

長屋門を包み込むように咲き始めたしだれ桜。何とも美しい。

 

 

老木から流れ落ちるように垂れる枝に咲く花は優しい。

 

 

 

満開時の長屋門の外から撮る額縁写真はまた面白い。

 

今週末が満開か?

 

また伺います。

 

 

堤防の桜も咲き始めたようですが、満開の桜も何本かあるようです。

 

そういえば、名森の川沿い(ほんの一部分ですが)に咲くしだれ桜の咲き具合はどんなだろうか?

 

ちょいと気になるな〜。

 

ここは私の撮影ポイントの穴場です。

 

近日中に行ってきます。

2020.03.16 Monday

剪定が終わりました。

飛龍梅の剪定もやっと終わりました。

 

 

 

また来年に向けて沢山の枝を伸ばしてくれることを願って、剪定をいたしました。

 

剪定の時期がどうなのか、今年は検討がつきませんが思い切り短く切ってしまいました。

 

あとは土の入れ替えと肥料の加減を調整しながら5月末まで見守っていきたいと思います。

 

このころまでにすべてが決まります。

 

 

境内には次々と春の知らせが届いています。

 

 

 

 

 

2020.03.08 Sunday

今日、墨俣つりびな祭り最終日。

せっかくの日曜日であるにもかかわらず、あいにくの雨。

 

コロナと相まって出足は鈍い。

 

幸い光受寺は少なくはあるが、訪れる人の切れ間はほとんどない。

 

今シーズンは例年に比べて約三割ぐらい少ないのかなといった感じ。

 

おかげさまで光受寺を訪れる人は、年々多くなってきていることを実感している。

 

光受寺のインスタポスト投稿をたまたま開いてみたら、およそ1000件ほどの

 

投稿があり、かなりハイレベルな写真が多いように思った。

 

 

梅の花びらをアップで撮っている人も多く、いわゆるインスタ映えがするようで

 

魅力的ではあるが、私の思いとしてはたとえ写真であっても、いつ、どこで、何を

 

が大事だと思っている。「何の何を」撮るというのは最も大切なことだと思うが、

 

 

一日の時間と場所が写真を通して読めるような写真が私は好きです。

 

そうでなければ光受寺である必要は何もないことになります。

 

 

偉そうに言っておりますが、自分ではまともには撮れないのです。

 

でもよい写真は見て感じることができるように思います。

 

光と空気感までもが盛り込まれている作品に出会うと、いつまでも見入って時間を忘れてしまうほどです。

 

インスタの中に何点もありました。すごいな〜。

 

「いいね」の数に関係なく感動する写真がありました。

 

 

 

2020.03.06 Friday

花の終わりに。

 

ひと月近く花を楽しませてくれた飛龍梅も、花の時季は終わりに近づいたようです。

 

近年お疲れ気味の感じが漂うので、数年休ませてあげたい気持ちになります。

 

来年はどうなるかな〜

 

 

今、琳子梅が一番の見ごろ。

 

 

でも、あまり人気がない花のようです。

 

 

 

 

 

 

 

本堂前の白梅も随分色あせてきました。

 

境内ではまだまだ香り立っているようです。

2020.03.04 Wednesday

やっと撮りました。

充分ではありませんが、何とかとることができました。

 

ただし、残念ながら連写を使いました。ややピンボケですがとりあえず撮れたことで満足です。

 

ピントが合わせにくい。

 

 

 

もう一枚あるのですが、上のメジロにピントが合っていて残念ながらひどいピンボケです。

 

 

2020.03.02 Monday

いよいよ剪定の時期が近づきました。

一年中で一番の労力と神経を使うときです。

 

剪定ひとつで大きく次年度の梅の姿が変わってしまうからです。

 

理想としている枝の姿は一本、一本が滝のように流れる枝を育てるということです。

 

これでもやや短いのですが、ほぼこんな感じに枝を出したいのです。

 

私は今までの経験から、切る時期とどう枝を出すと全体の形が整うか予想しながら切ります。

 

肥料や土の管理も大事なのですが、まずは剪定です。

 

大きくならないように(参道にかぶらないように)こじんまりとしかし幹は太くが信条です。

 

 

人によって切り方も様々、仕立て方も様々ですが、これが見た目に一番きれいだと思っています。

 

ちなみにある有名な三重県の梅園に行ってみてまいりましたが、私とは全く違った手入れでした。

 

 

多くの木があり、風景としてはとってもきれいなのですが、一本一本の木の姿は私には気に入らない

 

すがたでした。木が多すぎて手が回らないかもしれませんが、このような切り方だと、

 

全体にもさっとした感じになってしまって、ただ下を向いてにぎやかに梅が咲いているという感じで

 

しか見られないのです。

 

 

全体的にみるとこんな感じです。大きく前年の古い枯枝もそのままで処理がしてないみたいです。

 

立派な木はどこにでもあるのですが、きれいな梅はあまり見受けられません。

 

結城神社は全体的にうまく仕立てられているようです。

 

また四国だったか一般家庭の庭にとんでもなく大きく、きれいな梅があるようです。ネットで見たのですが

 

おそらく日本一大きく、姿かたちのきれいな梅だと思います。ここの梅には脱帽です。樹齢はそんなに

 

変わらないのですが、立派すぎます。

 

 

2020.03.01 Sunday

花よりメジロ?

 

今年はメジロ撮り放題でしたが、飛んでるメジロは一枚も取れなかった。

 

まだ可能性はあるかも

                   目が怖かった〜〜。

 

 

                    狙いを定めて。

 

 

                    貫禄です。どうじゃ。

 

 

               届かんがや

 

 

                       その2

 

 

                      良い男?です。

 

 

                         何しとるん。

 

 

                    ボケ写真その1

 

 

 

                    その2

 

一番撮りたい写真ですが、難しいです。お天気の良い日にしたから撮って羽の透けているのが観てみたい。

 

連写で撮ればとれる可能性は高いのですが、己の性格上一枚撮りで撮ってみたいのです。

 

 

                 その3

 

               でも可愛いですね。

 

 

                ほんとにかわいい

 

2020.02.28 Friday

今白の枝垂れがきれい

 

左上の琳子梅は咲き始め。

 

 

 

もう一本の白梅

 

 

 

 

 

大きな花びらと柔らかい白さが美しい。豊後。

2020.02.26 Wednesday

今年も幸せでした。

 

岐阜放送で流された放映画面をカメラで映しました。

 

きれいに撮っていただきました。ありがとうございました。

 

まだ今週中までぐらいは十分花をつけていると思います。その後3月10日前後から選定に入ります。

 

まだまだこれからの梅も何本かあります。

 

 

                椿 で す 。

 

 

私のお気に入りの一つ。真紅の椿です。

 

他にもいろいろあります。

 

 

 

これ椿?かな?

 

 

他にも数種あるのですが、今回ピンボケでここには載せれませんでした。

 

Powered by
30days Album