弥陀の信心をいただいていく歩みを、共に悩み、苦しみながらまた、大いに楽しみながら進めて行けたらと思っています。
 
<< 節分に思う | main | 飛龍梅開花。 >>
小さくても古木です。
0

    背丈は汽瓠璽肇訛らずですが、古木なのです。

     

    もともと盆梅で育てられた梅なので、樹形は趣があるように思います。

     

    朽ち果てそうな幹に長い月日が感じ取れます。

     

    この中に「思いのまま」という種類の梅の木もあります。

     

    今、一重のピンク色の梅が盛りです。

    【2017.02.07 Tuesday 11:36】 author : ゴンタ
    | - | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    ◎盆栽の名残

    写真を拝見すると根元あたりには盆栽の名残が偲ばれます。

    養分の通路も複雑に変形していると思われるので、すんなりと

    生育できない構造になっているのではと思われます。

    この先も、成長には時間がかかるでしょうが、徒長するよりは

    樹形がよくなるでしょう。

    将来、第二の飛龍梅になりませんか?
    | mori | 2017/02/08 3:18 PM |
    ありがとうございます。

    大切に育てたいと思っています。

    ところで今日、下町あたりを歩いて見えましたか?

    人違いかも?

    | shibama | 2017/02/08 10:17 PM |
    たしかに午後、第2霊園の墓参にでかけました。

    できるだけ毎日徒歩で墓参するようにしています。

    バーチャル日本一周は、現在、尾鷲に向け進行中です。

    米寿までには、一周を果たしたいと心づもりしています。

    昨日は、11417歩でした。

    なお10日は都合で失礼します。

    | mori | 2017/02/09 9:13 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.koujyuji.com/trackback/508
    トラックバック