弥陀の信心をいただいていく歩みを、共に悩み、苦しみながらまた、大いに楽しみながら進めて行けたらと思っています。
 
<< 困った子供たち? | main | 言葉のちから。 >>
真夏の本堂で
0

    毎週金曜日の光受寺喫茶。午後3時。

     

    外は炎天ですが、堂内は意外にも涼しいのです。

    吹き抜ける風が心地よく、扇風機ひとつあれば文句なしの

    涼しさでした。

     

    今日は6名の方のお越しをいただきました。

    何のことはない集まってお茶を飲み、お話をするだけの

    事ですが、これでよいと思っております。

    時にはネットで短い法話を聴くこともありますが、

    リラックスした感じで楽しんでいただけていると思っています。

    私もご一緒に楽しませていただいておりますが、

    お一人お一人の普段では知りえない情報や、素顔が

    垣間見えるので、より親近感がもてる場になっています。

     

    今日は初めてお越しいただいた方もあって、うれしい喫茶日

    となりました。

     

    【2017.07.28 Friday 21:38】 author : ゴンタ
    | - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    ◎和みあい
    来訪者と世間話を中心にして、和みあえる、光受寺喫茶は貴重な集いの場になってきましたね。
     布教の原点となった「講」の現代版とも言えそうです。
    和みあいの場として、寺の存在感が高まることを願っています。
    | mori | 2017/07/29 8:10 AM |
    今、自分にできること、考えているより

    実行すること。

    自分に負荷をかけながらも楽しんで

    継続しています。

    今日の一日のこのひと時へ

    気持ちを運んでくださった思いに

    頭が下がりました。

    | shiba | 2017/07/29 12:11 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.koujyuji.com/trackback/544
    トラックバック