ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 飛龍梅、整いました。 | main |
2018.06.29 Friday

苦渋の選択

 ワールドカップで日本の選手は、誰もが生き生きとしたプレーで

 

素晴らしい成績を上げた。いよいよ決勝トーナメントだ。

 

本当によく頑張った。

 

ただポーランド戦の最後の10分間戦いぶりには、批判も多いようだ。

 

アンフェア―な思いで、フェアープレーで勝った、と。

 

海外からも批判の声が届いているが、とくに日本の子供達には

 

理解できない戦いぶりで、がっかりしていたようだ。

 

私も同じ思いを持つ一人だが、しかし、日本という国を背負う監督としては

 

苦渋の選択ではなかったかと理解している。

 

インタビューのその顔から十分窺い知ることができた。

 

ただ、この場面で「他力」という言葉をを使ってほしくなかったと思う。

 

意図的にそうしたという「自力」でしょうから。(もちろん本来の他力の

 

意味とはまったく異なっていますけれど・・・)

 

 

たとえ決勝トーナメントに出れなくても、立派に戦ったことは

 

国民みんな分かっているから、最後までフェアーな思いを貫いて

 

未来に生きる子供たちには手本を示してほしかったと思う。

 

これでたとえ優勝しても心から喜べない優勝になってしまいそうで

 

残念だ。

 

ポーランドの人にも失礼なことをしたと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album