ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 30年ぶりの夫婦旅行 | main | 久しぶりに数珠をつないでみました >>
2018.08.18 Saturday

ゆうれいの切取髪(きりとりかみ)で有名なお寺へ行ってきました

輪之内町塩喰にある明看寺へ参詣いたしてきました。

 

毎年お盆過ぎの虫干しの際に、ゆうれいの掛け軸と髪の毛がここ明看寺であり、

 

お経の済んだ後に住職さんからその由来を聞かせていただけるということで

 

出掛けたのです。

 

しかし、残念ながら事前の情報不足のために、その場には出会うことはできませんでした。

 

親鸞聖人ご旧跡でもある由緒あるお寺さんのようです。

 

境内は蓮の花や百日紅、さまざまな花が楽しめ、よく手入れがされています。

 

堂内も自坊に比べると一回り広く、いたるところに教化のための言葉が目に飛び込んできます。

 

ぐるりと見まわしてみたのですが、ゆうれいにまつわることがらは、一切目に入りませんでした。

 

少々残念に思ったのですが、やはりあくまでも真宗寺院であるということだと納得いたしました。

 

ご住職のお話は、方便としての教化にされているのだろうと思われました。

 

 

堂内においてあった教化プリント「お盆(盂蘭盆会)について」をいただいてきました。

 

実はこのお寺さんのご縁は「ゆうれいばなし」ではなく、あるご門徒さんから読んでみなさいと

 

渡された「お念仏はエスカレーター」という明看寺住職の教化プリントでした。

 

ネットで調べたら「ゆうれい」が出てきたというわけでした。

 

色々学ぶことができ、良いご縁をいただきました。

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album