ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お茶屋敷の牡丹 | main | 盆梅の梅、咲きました。 >>
2020.04.29 Wednesday

見えてくるものはきっとある。

ハナミズキがきれいな時期になりました。

 

 

大垣 曽根城跡 公園のハナミズキです。

 

背の高い木の三色が入り交う感じがきれいだったのでついパチリ。

 

 

 

それからこちらは墨俣から瑞穂市にかけての犀川ほとりの自然です。

 

まさに自然そのものといった感じで、ふと明治神宮の自然を思い出しました。

 

 

               何度も深呼吸をしたくなる緑です。

 

 

 

 

このジャングルのような自然の前に立っていると明治神宮であるように絶滅危惧者がまだ生息している

 

のではないかと思えてきます。

 

ちなみに先ほどの曽根城址の池には絶滅危惧種の「ハリヨ」が生息しているのです。

 

 

 

さて世間ではコロナに振り回され大変な事態になっています。

 

マスクひとつに苦しむ日本をみていると、グローバル化した社会経済の崩壊のように

 

思えます。(経済の効率化と目先の儲けに走りすぎたんじゃないのかな)

 

これは単なる愚痴に過ぎませんが、我が家が便器を交換したいと注文したのですが

 

「便器の部品がなくて、入荷予定がわかりません」とのこと。ほんと困ってしまいます。

 

 

(これからどうなるのでしょうね。似たようなことはこれからいくらでも起きるように思えます。)

 

 

自然はそんな人間の都合とは関係なく、静かに時の流れに身をまかせながら太陽を楽しで

 

いるようです。

 

「コロナ」は、もうすでに何種類かに変容を続けているようです。 

 

きっと無くなることはないと思われますので、一生物としての人間も共存を考えていく

 

しかないと思うのです。この地球上に人間だけが済んでいるわけではないのですからね。

 

 

今は手洗い、三密を避け、マスクをするという防御しかないように思います。

 

あまり神経質になるとおかしくなってしまいます。

 

たまには自然の中に身を置いてみると、見えてくることもあるものです。

 

とても苦しく辛い子ともあるのですが、冷静にひくじけずに生きていきましょう。

 

 

   「のぞみはないのですが、ひかりはあります」

 

 

これは新幹線の車掌さんの言葉を、法語として掲示板に載せられた言葉のようですが、

 

「のぞみ」は夢や希望といった類の、人間の欲望を意味するものだと思われます。

 

思うようにはいかないのが世の常です。努力すればできることも多いのでしょうが

 

無理なことは無理なのです。絶望です。

 

 

しかし、人生はいつもそこから始まるようにも思えます。

 

「ひかり」に照らされて見えてくるものがきっとあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album