ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コロナ収束祈願を「胡瓜封じ」で。 | main |
2020.07.31 Friday

後ろめたさを抱えながらの旅。

コロナの事を考えると後ろめたさが拭い去れないが、一年に一度の一泊二日の旅ということで

 

今年も信州へ行ってまいりました。

 

今年は信州でも近場の駒ケ根の早太郎温泉郷にある、山野草の宿「二人静」という

 

ホテルに泊まりました。

 

「ふたりしずか」という屋号も山野草からとったもののようです。

 

初日は、諏訪まで足を延ばして、まずは茅野市にある「御射鹿池」(みしゃか)へ行ってみました。

 

この湖は、東山魁夷の描いた「緑響く」の日本画の湖です。

 

とても幻想的で、白馬も登場してくる、あの例のコマーシャルでも有名な湖です。

 

 

 

酸性が強い水で魚は生息していないようです。

 

本当に白馬が登場しそうな幻想的な雰囲気のある湖です。

 

続いて出かけたのは日本一白樺の美しい場所として有名な佐久へ行ってきました。

 

どこまで行っても白樺、白樺。散策コースもあって時間があれば白樺林に紛れてみたい思いであった。

 

さすが日本一だけあってスケールが違うな〜〜〜。

 

 

きれいな蝶がいました。蜂と仲良く並んで蜜を蜂が吸っています。

 

次に出かけたのは北八ヶ岳にある湖でしたが、ここはそれほどといった感じで、ごく普通の湖でした。

 

 

むしろ苔むした自然林が美しく、散策するにはもってこいの場所のようでした。

 

ここで一日目は終わり。宿へ。

 

 

山野草がいっぱい咲いている公園から望んだ宿です。

 

最上階で眺望は良く、二部屋に小さな書斎とキッチンまで付いた贅沢な感じで、絵画も

 

そこそこの作家の絵画作品が掛けてあったのですが、山野草の宿らしく、一輪の花でもよいから

 

生け花を活けておいてほしかったかな。

 

山野草の宿のイメージは薄かった。

 

二日目。350種類があるという山野草公園。妻が大喜びしていました。

 

観光客もほとんどいなくて、知る人ぞ知るという場所のようです。

 

宿側の岸からこの場所まで、つり橋がかかっていて(写真には写っていない)散策するには良いところです。

 

道の駅(ホテル側、つり橋渡り口)もあって買い物も楽しめます。(トウモロコシを買いました)。

 

 

            有名な桜の木を訪ねて

 

飯田市美術博物館へ。

 

 

菱田春草の生誕の地であることから、春草の好きな妻がぜひ見たいということで行ってきました。

 

春草はもちろんの事、安井曾太郎や菊池契月、土牛や大観まで見ごたえのある作品を堪能いたしました。

 

この桜も有名です。

 

 

 

また、近くには有名なしだれ桜がある寺があり、次回のために下調べをしてきました。

 

専照寺、黄梅院のしだれ梅など、この近くには結構見ごたえのある桜が何本もあります。

 

ゆっくり散策すれば、美術館に車を置いて歩いて1時間ぐらいかな。

 

お寺には観光用の駐車場がないので、時期にはどこか近くで駐車場を確保する必要がありそうです。

 

 

自宅4時着。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album