ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シラサギとゴイサギ | main | 百日紅が季節の移ろいを知らせてくれます。 >>
2020.08.26 Wednesday

尊い世界

 

あるご門徒宅の六七日のお勤めの風景です。

 

 

九二歳で亡くなられたおばあさんのお勤めです。

 

毎週火曜日の夜七時に息子夫婦に孫夫婦二人、そしてひ孫が五人が集まってのお勤めです。

 

小学校一年生を頭に数か月の赤ちゃんめでみんなで『正信偈』を読んでいます。

 

ひ孫たちもこの日をとっても楽しみにしているようで、大合唱です。

 

さすがに五人のうち、きちんと読めるのは二人ほどですが、一生懸命みんなについて読もうとしています。

 

中陰檀にはひ孫たちがおばあさんに送った絵や折り紙がいっぱいお供えしてあります。

 

 

御文さまを読むときには、おじいちゃんが「ほら、頭を下げて」と言いますが、

 

驚いたように意味も分からないのにだまって頭を下げています。

 

あまりに可愛いので、子供用に編集作成された『正信偈』の本をプレゼントしてしまいました。

 

一人一人の名前を書いて、記念の意味も込めて差し上げました。

 

 

 

いつか大きくなった時に、この本が生きるための何かのご縁になれば、幸いです。

 

純真な心で無心にお勤めしているこの世界には、今ではなかなか見られない、

 

味わえない世界となってしまいましたが、かつてはこんな風景はごく普通に当たり前のようにあった

 

世界だったのですが...。

 

 

久しぶりに尊いご縁となった中陰中でした。

 

今度の日曜日が忌明けとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album